私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








三宅雄彦『保障国家論と憲法学』


 この度、心より尊敬する三宅雄彦先生より、ご高著『保障国家論と憲法学』(尚学社)を賜りました。
 この場を借りてお礼申し上げます。

 『憲法学の倫理的転回』に次ぎ、わずか2年で新たに出版され、ただただ頭が下がります。
 保障国家論批判として最重要文献であることは間違いありません。

 同著に関わるお話を某研究会で伺えませんでしたことを悔やんでおります。
 今後ともご指導賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 本当にありがとうございます。

三宅雄彦, 保障国家論と憲法学



スポンサーサイト



2013⁄07⁄09 20:19 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








あけましておめでとうございます


松の内も開けてしまいました。

2012年は平穏な年になることを心から願うばかりです。

個人的には研究を少しでも前進させねばと思っております。





2012⁄01⁄08 01:28 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Facebook


 Facebook中心になってしまって、いつの間にやらスポンサーが表示されるまで放置してしまいました。

 今週末は学会。ついでに実家に顔を出してこようと思っております。といっても、金曜日から行けるのか、土曜日の朝一で行くのか、まだ決まっておりません。





2011⁄10⁄05 22:20 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








キーボード新調


 Thinkpadキーボードを使って随分長かったのですが、ここのところトラックポイントのドライバに問題がありまくりなのをきっかけに(というかずっと問題だらけだったのが、ここにきて爆発した感じですね)、キータッチが昔とは違うところなども気になるようになってしまって、ストレスが溜っていました。

 トラックポイントがいうことをきかないので、何年ぶりかにマウスを導入したら、それはそれで快適。でも、トラックポイントがあるせいで、ポインタを動かしたいときに自然とトラックポイントに指が動いてしまうんですね。すっかり体に馴染んでしまったようで。で、まともに動かないポインタにイライラする、という悪循環。もういっそトラックポイントをなくしてしまいたい・・・なんて本末転倒なことを思ってしまい、いよいよ買い換えを本格的に検討開始。

 近くの大手家電量販店に行くたびにキーボードコーナーに立ち寄って試し打ち。机を少しでも広く保ちたいのでテンキーレスで探さないとダメ。FILCOのマジェスタッチ青軸あたりがいいなぁなどと思ってました。そんなに安いものではないので(実はThinkpadキーボードも初期は随分と高価で最初の購入は悩みましたが、以降は必要なもんはしゃーないと割り切っているうちに価格破壊していったんですよね。lenovoになっちゃったし)、延々悩みました。うんうん悩んだ末に、えいやぁと店員さんを呼んだら「在庫ありません」。がっくり(結果的に在庫切れでよかったんですが)。

 ここまで買い換えが現実化してくると、情報収集にも気合いが入ります。昔から憧れていたものの高価すぎて無理と諦めていたRealforceなんかも視野に入れつつ、でも、まぁ、青軸かな、と。いずれにしても大手家電量販店で決めるのはもったいないと思い、クレバリー2号店まで用事ついでに足を伸ばしました。

 改めて茶軸を長時間触ってみるとなかなかいいものです。さらにRealforceを触りまくったりすると、もうどれがいいのか分からなくなってきてしまい、結局決められず(別の用事があったのでタイムアウト)あうあう言いながら店を後にしました。負けずに翌日再度訪問。またも触っていると分からなくなってくる。テンキーレスはないものの、赤軸もなかなかのもの。Realforceだって変荷重じゃないものもあるわけで、どうしたものか…。

 最終的に悩んだのは、マジェスタッチのネット情報(チャタリングや故障の可能性など。恥ずかしながら完全に振り回されてますね…)と、Realforceの価格の高さ、さらにRealforceの変荷重タイプの若干の違和感。しかし、ちょっと考えてみればマジェスタッチだって安いものじゃないわけで、故障の可能性なども一部の人が言ってるだけかもしれないとはいえ、不安を抱えながら購入するのにはちょっと高い。もう少し背伸びすればRealforceにも手が届く。

 と、ここまで行き着いても、Realforceの変荷重タイプのキータッチの若干違和感、それと同時にAll45gタイプを買ってしまっていいのか?というちょっとずれた悩みを。

 結局、変荷重タイプは綺麗にタッチタイピングができる人には完璧でも、私のように我流のタッチタイピングではもったいない(おそらくそれが違和感に繋がっていたのでしょう)と思われたのと、他のキーボードを試した後に触った感じが最も良かったものに決定。それがRealforce 91UDK-Gでした。変荷重タイプでもないし、ゲームに最適といわれてもゲームはやらない。でも、91UDK-G。

Realforce91UDK-G


 結果的には大満足です。マジェスタッチでも満足してたでしょうけどね。でも、憂いのない満足感は格別です。キー配置も換えました(Ctrl←→CapsLock。漢字←→Esc)。派手さはないけど気持ちよいというのがよくわかります(高いの買ったから誉めるしかないんじゃないか?とか穿った見方してましたが、撤回せねばですね)。

 今までのThinkpadキーボードが変則的なキー配置だったので、ノーマルなキー配置に慣れなきゃならなくなりました(すぐ慣れましたけどね)。あと、キーボード上でボリューム調整(ミュートも)ができなくなったのは残念。ボリューム調整をショートカットでできるソフトを導入して克服。
 ただ一点。パームレストが必要かなぁと思ってます。Thinkpadキーボードはノートパソコンと同じでパームレストがついてましたから。





2011⁄08⁄12 23:55 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








講義


 以前の受講生(勤務校の学生ではない)から「先生の授業は情報が多すぎてかなわん」とご指摘を受けた。「考えている間に次にいってしまう。その場で考える時間がほしい。」とのこと。

 勤務先の講義とは少し性質が異なる(と思っていた)ので、十分に予習していることを前提にして異なった視点を提供したり、「色々話すから後からじっくり考えて下さいな」的講義をしたりしてしまうのは自覚していた。

 講義の内容を削ぎ落とす勇気はそれなりに必要に思う。自分としては勤務先の講義ではどんどん内容を軽量化しているんだけど、それでもまだ重いのかもしれない。

 ただいまオプキャン資料作成中。さらに困る。

 とはいえ、大変ありがたいご指摘であることには違いない。この場を借りてお礼申し上げます。って、読んでないや。

 





2011⁄07⁄27 02:03 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next »



Copyright © 2017 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。