私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








三宅雄彦『保障国家論と憲法学』


 この度、心より尊敬する三宅雄彦先生より、ご高著『保障国家論と憲法学』(尚学社)を賜りました。
 この場を借りてお礼申し上げます。

 『憲法学の倫理的転回』に次ぎ、わずか2年で新たに出版され、ただただ頭が下がります。
 保障国家論批判として最重要文献であることは間違いありません。

 同著に関わるお話を某研究会で伺えませんでしたことを悔やんでおります。
 今後ともご指導賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 本当にありがとうございます。

三宅雄彦, 保障国家論と憲法学



スポンサーサイト



2013⁄07⁄09 20:19 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








講義


 以前の受講生(勤務校の学生ではない)から「先生の授業は情報が多すぎてかなわん」とご指摘を受けた。「考えている間に次にいってしまう。その場で考える時間がほしい。」とのこと。

 勤務先の講義とは少し性質が異なる(と思っていた)ので、十分に予習していることを前提にして異なった視点を提供したり、「色々話すから後からじっくり考えて下さいな」的講義をしたりしてしまうのは自覚していた。

 講義の内容を削ぎ落とす勇気はそれなりに必要に思う。自分としては勤務先の講義ではどんどん内容を軽量化しているんだけど、それでもまだ重いのかもしれない。

 ただいまオプキャン資料作成中。さらに困る。

 とはいえ、大変ありがたいご指摘であることには違いない。この場を借りてお礼申し上げます。って、読んでないや。

 





2011⁄07⁄27 02:03 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








演習


 通信教育課程の演習終了。今年度はイレギュラーな日程。

 各受講生の憲法の基本的な知識が万全とはいえず、あまり議論らしい議論にならずじまい。報告準備で手一杯というのが受講生の気持ちだろうし、受講生の水準に合わせるべきだろうから、事前の準備段階で何らかの修正すべきかも。

 来週からスクーリングとのこと。休みの間に図書館に籠もる日を数日作らねばなのでもしかしたら受講生にお会いできるかも。

 いずれにしても一段落。

 2011/07/27追記:受講生の水準だけが議論の不活性の原因であるかのような内容になっていました。私が口を出しすぎて議論するチャンスが損なわれたかもしれないということも触れておかねばなりません。





2011⁄07⁄26 23:55 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








委員会のお仕事


 学内の(諮問)委員会内のワーキンググループの取りまとめ役に・・・。

 こういう役回りは今の大学では初めてなのでちょっと気が重い。

 もしかしたら夏休み中にも集まることになるかも~。

 できればメール会議で済ませたいんだけどな~。

 いずれにしても、お忙しい職員の方にご迷惑をかけないようにせねばですね。





2011⁄06⁄15 16:13 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Macが欲しくなるとき


 evernoteのノートリンク機能がMac版しかなかったり。

 Mac経由でしかiPad2のマルチタップ機能を盛り込めなかったり。

 そういうことに気付かされるたびにMacが欲しくなります。

 だからといって、この程度ではほいほい買えないけれども。


 どちらもそのうちWindows版とかOSのバージョンアップで対応してくれることを祈ります。





2011⁄05⁄30 23:55 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next »



Copyright © 2017 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。