私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








N響定演


2月17日(木)サントリーホール 第1696回定期公演Bプロ

PROGRAM
ペルト / ベンジャミン・ブリテンへの追悼歌
ドルマン / フローズン・イン・タイム(2007)[日本初演]
ショスタコーヴィチ / 交響曲 第15番 イ長調 作品141

指揮|ジョナサン・ノット
パーカッション|マルティン・グルービンガー


グルービンガー氏の技に拍手喝采。

アンコールの際に本人も言っていましたが、まさにスポーツ。

人間業ではないとはこのことですね。

グルービンガー氏がはけるときのN響・打楽器奏者さんたちの笑顔が印象的でした。


スポンサーサイト



2011⁄02⁄18 18:28 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








N響定演


1月20日(木)@サントリーホール
第1693回定期公演 Bプログラム

ブラームス(ドヴォルザーク編) / ハンガリー舞曲集より 第17,18,19,20,21番
ブラームス / ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブラームス(シェーンベルク編) / ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25
指揮|イオン・マリン

うーぬ。





2011⁄01⁄20 23:00 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








N響定演Bプロ2日目


チャイコフスキー / 幻想序曲「ハムレット」作品67a
サン・サーンス / チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33
ブラームス / 交響曲 第1番 ハ短調 作品68

指揮|ネヴィル・マリナー
チェロ|アルバン・ゲルハルト


ブラームスは最高に良かった。
気持ちとしてはスタンディングでブラボー!





2010⁄09⁄17 16:50 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








プロフェッショナルギア・マイカルタ


 予定通り用件が済んだ後、丸善・日本橋店へ直行。セーラー・コーナーの前でマイカルタ万年筆をじーっと眺めていたら(奥手)声をかけられてようやく試筆。

 以前のマイカルタ万年筆より若干重めだったり、リングの色ほか全体的に変わっているけれども、持ち心地(手触り・バランス)は極めて良好。

 最近、最も出番の多いプロギア・マットブラック細字と同じ細さを所望していたけれど、細字で書いてみると意外に太め。むしろ極細とマットブラック細字が近い。もちろん個体差はあろうけど。

 この違いのおかげで、細字か極細かで延々悩むことになる。“どっちも頂戴”というわけにもいかないし、余るほどペンを持っているわけでもないし。

 途中休憩も入れつつ、最終的には連れと店員さんから「極細に合った字」と言われ、利用場面も併せ考えて、細字は大橋堂に任せて、極細に決定。

 こうしてようやく念願のマイカルタ万年筆を手に入れることができました。心から嬉しい。大切に大切に書き倒して、馴染んでいく過程を楽しもう。

 
 その後向かった伊東屋で、触り心地が絶妙なROMEOの一本差し(黒)を購入。マイカルタ専用機であります。マットブラックは使っていた一本差し(茶)に。

 マイカルタ登場のため、色の交代。で、パイロット・色彩雫“紫陽花”を購入。書き始めは紫で、落ち着いたら青に変化。その過程も含めてとても美しい。


 ちなみに、4日のマイカルタ購入者向けの調整は結局行きませんでした。別のペンクリの機会にお願いすることにしよう。





2010⁄04⁄05 18:48 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








プロフェッショナルギアマイカルタ万年筆


ついにプロフェッショナルギアのラインナップにマイカルタ万年筆が!→こちら

もう諦め半分で、限定復刻しないかなぁとか思ってたけど、まさかの通常ラインナップとは!前のシルバーの方が好みではあるけれど、あの重みと手触りが忘れられぬ。

4月1日からの丸善日本橋の万年筆展で先行販売とのこと。→こちら

4月4日に購入すればマイカルタ万年筆を作った川口先生が調整してくれることだけど、4日にはもう在庫切れになってるような気がする(そんなに売れないのか?それとも十分な在庫を用意するのか?)。1日に購入しても4日に調整してくれるんだろうか?

通常ラインナップに仲間入りするんだから焦らずともいずれ入手できるのは重々承知の上、記念にもなるので1日に買いに行きたい。午前中に大学に行かねばならぬ用事があるけれど、終わったら日本橋に直行だ!





2010⁄03⁄21 16:55 カテゴリー:趣味 comment(1) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next »



Copyright © 2017 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。