私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








いつもながら


研究会に出て、刺激を受けつつも、自らの勉強不足と能力不足を嘆く。

なんて言ってても仕方ないのは分かっているのだが。


スポンサーサイト



2011⁄06⁄05 01:50 カテゴリー:研究(会) comment(1) trackback(0)
▲pagetop








法学セミナー2011/02


法学セミナーの特集のメンバーに組み込んで頂きました。

法セミ2011/02表紙


特集1
憲法訴訟の潮流を読む

内容紹介

近時、憲法訴訟(論)を取り巻く環境の変化が著しい。社会のグローバル化、政権交代、脱イデオロギー化、司法制度改革等々の諸事情が思い浮かぶが、実態はどうか。憲法訴訟の潮流を知る、意欲的な特集。

目次

●特集=憲法訴訟の潮流を読む

 憲法訴訟の今を知る……宍戸常寿
 国際人権法と最高裁のスタンス……齊藤正彰
 論証作法としての三段階審査……三宅雄彦
 憲法訴訟における裁判官による法創造……武市周作
 合憲性審査基準をめぐって……吉田仁美
 表現の自由の現在……曽我部真裕
 経済的自由と規制目的二分論……二本柳高信
 違憲審査における確認訴訟の意義……興津征雄
 最高裁判所裁判官人事のこれまでとこれから……見平 典





2011⁄01⁄13 23:43 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop








第75回日本公法学会@上智大学


2010年10月9日(土)・10日(日)

総会テーマ「公法学の研究方法論」

一日目@10号館講堂
愛敬浩二「憲法学と歴史研究」
岡田正則「公法学における歴史研究の意義」
阪口正二郎「憲法学と政治哲学の対話」
礒野弥生「公法学と諸科学との対話」

総会後、公募セッション(第1~第3)も。

二日目
【第一部会「公法学の基礎理論―歴史と対話」@10号館講堂】
笹川隆太郎「憲法学と歴史学―現行憲法成立史研究者の立場から」
國分典子「公法学と法思想史―東アジアの視点から」
須賀博志「学説史研究と憲法解釈―明治憲法における信教の自由」
西埜章「国家無問責法理の歴史的変遷と戦後補償」
斎藤誠「地方自治の法的議論における歴史の位置」

【第二部会「公法学の学際的研究―哲学・自然科学との対話」@3号館521】
淺野博宣「裁判所の憲法解釈に関する制度的アプローチについて」
中山茂樹「憲法学と生命倫理」
磯部哲「行政法学と生命倫理」
戸部真澄「環境リスク管理と科学哲学」
下山憲治「環境リスク管理と自然科学」

第二部会の方が会場が明るかった…というのはさておき(実は大切だと思いますが)、阪口先生は第二部会だったのね…大いに出遅れた。後から考えるに研究対象から考えてもずっと第二部会にいるべきだった…大いなる失敗。

公募セッションは第1に参加。うーん・・・。公募論文って2本しか提出されなかったのですね。うーん・・・。

色んなところで他学問の学会はもちろん、他分野のと比べても大いなるギャップが。大きすぎるのでしょうかね。


2011年度第76回は名城大学だそうで。テーマは聞けませんでした。誰か教えて下さい。





2010⁄10⁄11 13:18 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop








もう一つ


 とりあえずもう一つ完了?ローの授業の大変さをすこーしだけ味わった…かな?

 もう一つ(学務)を9割完成。提出は再来週初め。再確認の時間はある。

 次のに移らねば。所属している研究会の原稿を進めねば。共著のごく一部なので文章自体は長くないけど、これまでしっかりフォローしていない内容なので下準備に時間をとられそう。これまでよりだいぶ自分の研究の中心点に近づく。

 次の次のは書評なんですが、また中心点からずいぶん離れちゃいますね。

 せっせせっせと働く感じです。ゆったり研究なんて無理なのかしら。

 いつの間にか、9月~。





2010⁄09⁄02 03:37 カテゴリー:研究(会) comment(2) trackback(0)
▲pagetop








とりあえず一つ


 なぜか色々と仕事が多いこの夏。ただ、どれも、自分の研究の中心点からはちょっと距離があるのですが。経験値アップとしては大切です。

 で、今日の明け方、ようやく一つ翻訳の仕事が手を離れた。一応〆切前とういことで安心安心。まだ語やら表記の統一は必要っぽいけど。

 あれとこれとそれと…と続く。ありがたいことですが、一つ増えたし(もう〆切は夏じゃないけど)。

 授業・学務もちょっとずつ気になり始める頃。夏期休業はとりわけ足が速い。残りを大切にね!





2010⁄08⁄31 11:24 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next »



Copyright © 2017 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。