私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








これから出る本より


佐藤幸治『現代国家と人権』有斐閣 600頁 8,400円

長谷部恭男『憲法〔第4版〕』サイエンス社 496頁 3,623円

戸松秀典『憲法訴訟〔第2版〕』有斐閣 480頁 4,200円

大沢秀介編『確認憲法用語300』成文堂 126頁 630円
 630円?




スポンサーサイト



2008⁄02⁄19 13:05 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








東芝グランドコンサート2008 ミューザ川崎


シュトゥットガルト放送交響楽団
指揮:ロジャー・ノリントン
ピアノ:小菅優

サリヴァン 歌劇「近衛騎兵隊」序曲
ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第4番 ト長調
 〔小菅優アンコール〕グラナドス 嘆きまたはマハと夜鳴きウグイス
ブラームス 交響曲第1番 ハ長調
 〔アンコール〕ブリテン マチネ・ミュージカルより 第一行進曲
 〔アンコール〕シューベルト ロザムンデ 間奏曲3番

 ブラームス、素晴らしかった。ホールの音響も手伝ってか、かなりめりはりが効いていた。のっけから「え?」と思うほどの勢い。その勢いに圧され、その勢いを求めて、その勢いに癒された。勢いと力強さと繊細さを兼ね備えた立体的な音。トラパーの波がホールを駆けめぐった感じ。オケの優雅さに魅了され、引き込まれて集中して、あっという間に時間が過ぎた。

 第2楽章に入る前のノリントンのクッションは粋だった。第1楽章の勢いに飲まれた観客の肩の力を抜かせてくれたように思う。張り詰めてた空気が和らいだように感じた。自分がそうだっただけかも。

 ブラームスはやっぱりいいし、SWRはさすがだし、ノリントンも粋だったし、ホールもそれらを引き立てた。


 ミューザ川崎について。係の人がすぐに座席に案内できていない場面多数。遅れて来て、短い時間に座ろうとしているのにそれではちょっと…。確かに分かりにくい。音の響きは素晴らしいのだけど。





2008⁄02⁄09 00:15 カテゴリー:趣味 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








近況


 試験、採点・成績評価が終わり、一段落(一週間ほど前に)。しかし、担当科目が担当科目なだけに、卒業に絡む再試験が終わるまではコンプリートしない感じ。
 1・2年の科目を4年まで引っ張るのはなかなかどうして根性がいるものだろう。個人的には、他の科目に比べてとりわけ憲法は法学部3・4年生で学ぶのに相応しい科目に思っているので、今から勉強できるのはいいじゃないか…などとのんきに思ったりする。法律科目をようやく学び始めた1年生に対して、「法律の合憲性」などと言われてもピンと来ないだろう。もちろん、ピンと来るための授業展開を考えるわけだが、そこに時間を取られると、他を学ぶ時間がなくなる(もちろん授業の技術力が足りないことは反省点なのだけど)。
 などと、他の科目の先生に言ってみたりすると、「いや、そりゃそうだけど、下位法を学ぶ前に憲法の理念を知っておいてもらわないとね…」と言われたりする。それは公民とか政治経済の憲法であったりするわけで、高校までの復習のために、学部初年度の前半くらいに「憲法入門」のような科目が必要になってきたりする。なんてことを考えたりすると、「民法入門」も「刑法入門」も必要になってきたりするのだろう。「法学」とか「法学入門」などはあるけれど、「憲法・民法・刑法」を学びながらでいいのかね…と常々思っていたりもする。
 なんて考える前に、1・2年生の科目を4年生まで引っ張っている学生には、とりあえず「頼むから受験して、何かを書いてくれぃ」と願うばかり。


 雪のため、節分の豆はなし。前日に雪対策で食糧を買い込んで部屋から出なかったため。


 少しだけスポーツを始める。高校卒業以来、初めての継続的なスポーツになりそう。ジムに入会金と、利用していないけど利用料だけを払ったりしたことはあるけれど。


 母艦とノートを同期するため、Easy Suiteなるものを購入。双方向同期ができないのは難点。USB同期のAccuSyncの方が便利(こちらは母艦←→大学PCで利用しているため使えないわけで)。こまめに同期せねば。


 来年度の雑務増がほぼ確実。うーぬ。





2008⁄02⁄05 19:39 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2008 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。