私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ゼミ納会


 うぅむ。言いたいことを言って反省。はんせい。そういうやつだと思ってくれてれば些か気が楽だけど。とはいえ、立場と気遣いと気配りと親しき仲にも礼儀ありと。
 ここのところ飲み会で失敗気味だ。


スポンサーサイト



2008⁄07⁄26 00:38 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








芯ホルダー


 以前にエントリした傍線の記事とコメント以降、赤鉛筆の温もりある視認性の高さを忘れられず。とはいえ、赤鉛筆を持ち歩くのは少々面倒。というわけで、色々探して、芯ホルダーに行き着いた。
 最初に入手したのがUniの芯ホルダー。近所の東急ハンズで。とっても素朴で懐かしい面持ち。こういうのが好きな人もいそうだけど、ちょっと…と思って方々探して辿り着いたステッドラーの2mmシャープペンシル。こちらは、製図筆記具っぽさは否めないものの、高級感もあってなかなか。Uniの本体が赤なのでそちらを「赤鉛筆」に、ステッドラーを「青鉛筆」に(ステッドラー本体に色違いがあったらどっちもステッドラーにしただろうなぁ)。芯は、Uniの赤芯と、ステッドラーの青芯。色合いは、朱色と藍色の「赤青鉛筆」に近い。
 引き心地は、鉛筆より少しだけ固い程度で違和感はない。傍線がにょろにょろになるのは好きでないので、ペンで線を引こうとすると定規を欲してしまう。その点、芯ホルダーはごまかしがきく。重ねて引いても違和感がない。今のところ、いい感じ。色の選択肢が少ないのは、HI-TEC-C SLIMSの替え芯と同じ(お願いだから緑を出してくれぃ)。

 この2本のために、ITO-YAオリジナルの1本差しペンケースも購入。ふにょふにょの手触りに魅せられて。って、ペンケース3つ持ち歩いてる。ちゃんと用途は分けて、自分なりに機能的に使ってるからいいんだけど…と言い訳。





2008⁄07⁄25 03:38 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








七夕


 七夕ネタ(「ななたねた」?)は特になし。あ、非常勤先は短冊吊してた。つるす。

 研究会は反省しきり。はんせい。報告も質疑応答も。何もかも分かってないようです、はい。深く反省して、かといって能力がすぐに伸びるわけでなく。小さなことからコツコツと。お越し下さった先生方、本当にありがとうございました。

 絶版本がなぜか楽天ブックスで「在庫あり」。どうせ「入力ミスでした。キャンセルを」なんて来るだろうと思ってたら、「発送しましたぜ」というメールが!驚き!定価の2倍程度(だからそれほどでもないんだけど)の値がついてただけに嬉しさ2倍!2倍!

 遅れに遅ればせながらYahooメールからGmailに乗り換えようと思ったけど、Gmailの迷惑メールフィルタが強烈すぎて、大学メールをGmailで扱うのは少々面倒。連絡先に登録すればいいのかもだけど、ちょっと躊躇いを。また気が向いたときにでも。これまで通りYahooメールでしばらく我慢。なんでYahooメールはフィルタ毎に転送設定ができないんだろ。。。





2008⁄07⁄07 23:55 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








授業-専門演習


 専門演習の前回の報告者からメール。さすがにダメージを受けていたようだが、根っからのポジな性格からか、次につなげるぞ!と意気込んでいて救われた。ただ、漠然とつっこみに答えられなかったというダメージではなくて、問題設定や議論の展開などができてなかったという反省であってほしいけど。

 ゼミ旅行(いつの間にか合宿じゃなくなってしまった)がなんとかなりそう。旅行中の両大学の顔合わせ会についてあちらの元ゼミ生にメールをしてみたら、比較的前向きなお答えが。ただこちらの日程が決まっていないことと、最終学年特有の気忙しさ(実質的忙しさとはまた違ったものかと。いや、実質的にも忙しいのでしょうが)が重なって「行けたら行く」なんて大人なお答えも。互いの学生にとって刺激になると思われるので是非とも。





2008⁄07⁄05 00:29 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








買い物-Rotring 4 in One


 悩みに悩んで結局購入。通常文具の販売停止だからなどと自分に言い訳。本体色ブラックの入手は困難のようでガンメタルを。トリオペンも含めれば複合筆記具が入手困難になるのは当分先のような気がする(あちこちで売ってるし)。今なら、探せばどのタイプも入手できそう。大手文具店とかではダメだろうけど。

 さくらちゃんがモンブラン・マイスターシュトゥック146ボルドーをそれほど躊躇なく買ってた姿を思い出す。当時は驚いたけど、今ならよーく分かる。マイカルタ万年筆が手に入らない今ならば。あぅぅ。発売前に川口先生に書かせてもらった感覚がいまだに手に残ってるよ。

 ところで、モンブランはやっぱりマイスターシュトゥック。今更ながら。スターウォーカーはもってのほかだし、職場でもボールペンを持っている人をみかけるけど美しくない。ホワイトスターがついてりゃいいってもんじゃないような。





2008⁄07⁄04 02:08 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








授業-専門演習


 始まる前には「口を出すまい、口を出すまい」…とブレーキをかけてるのに、始まって報告と質疑応答を聞いていると我慢がならず口を出し、結果学生が萎縮してしまって、終わった後に反省。我慢が大切。カルシウムが大切。





2008⁄07⁄03 23:55 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








映画


 やっぱり、リバー・フェニックスは、素晴らしい。23歳…早すぎるよなぁ、今更ながら。

 って、忙しいはずのに何やってるんだ、俺は。



 判例評釈ぎりぎりになって入手。焦る。だのに、寝る。

 杉原泰雄編『新版 体系憲法事典』 高い。。。
 阿部竹松『アメリカ憲法』 教科書向けなら装丁を軽いものにした方がよいような気が。厚いから軽装にはできないのか。





2008⁄07⁄01 23:58 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2008 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。