私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








コヒノール 芯ホルダー


 当たりの文具。コヒノールの芯ホルダー。

 以前の記事で「傍線は鉛筆がなんだかんだいいかも」と書いたものの、色鉛筆を持ち歩くのは長かったり削らなきゃで、なかなか不便。というわけで、芯ホルダーへシフト。三菱鉛筆の赤芯とステッドラーの青芯は、比較的容易に入手できるけど、2色じゃもの足りない。と、悩んでいたところ、コヒノールの芯ホルダーを発見。

 替え芯は、赤、青、緑、黄、茶、黒の1セット。ホルダーもそれに対応した色(ただし、どのホルダーにも購入時は黒の鉛筆芯が入っている)。チェコのステーショナリーブランドらしい。
 ホルダーはどこか懐かしい感じ。作りは国産のとは違って芯の出が悪いけど、ご愛敬。ホルダー本体は細めで、3本の太さは、ステッドラー>三菱鉛筆>コヒノールという順。ステッドラーのホルダーはスマートだけど、いつでもどこでも持ち出すには、ちと太い。伊東屋の一本差しペンホルダーに4本入れて持ち歩くと、パンパン。コヒノールだけなら結構スマートに入りそうだけど。いっそすべてコヒノールにしたい・・・。
 書き味は三菱鉛筆のほど滑らかさはないけど、それはそれで心地よい。そしてなにより芯の色味が渋くて、よい。

 残念なのは、替え芯が6色1セットで販売されていて、単色で買えないところ。今のところ、緑、黄をコヒノールで使用中。赤と青は既にあるのを使うし、黒(色鉛筆風黒色。通常鉛筆とは違う)の出番はまずない。茶色もなかなかよい色だけど、今のところ出番はなし。もったいない。ちょこちょこと傍線を引いたり、キーワードに印を付けるくらいなら、数セット買っておけば当分保ちそうなので、購入時に替え芯も数セット買っておくのがよいかと。

 この手のモノはいつの間にか「取り扱いを終了しました」になってることが多いのが心配。末永くお取り扱い下さいまし。コヒノール入手のためチェコ行きというのも悪くないけど。


スポンサーサイト



2008⁄11⁄29 14:08 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








事務・学務


 研究時間やら教育時間やらを計算する機会があって、毎日の自分の姿を思い出して・・・十分な研究時間を確保していないことを反省orz

 今日は時間的余裕ができたので、研究を・・・ともいかず、溜まっていた学務をまとめて処理。本務校も非常勤先も、シラバスやらシーズンものやらをまとめて作成。珍しく早めの処理で気が楽になった。高校生向けの模擬授業の準備をせねばなりませんが。どれも「がー」っと進めればできそうな仕事ではあるんだけど、意外にだらだらと時間がかかる。





2008⁄11⁄21 23:47 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








授業


 年内はあっという間に残り4~5回。年明けは試験の話や総括的な話をするとして、試験範囲はさておいても、全範囲まで届かせるべく少々ペースアップ。
 憲法1は、幸福追求権、平等権が残っているし、憲法2は、国民主権、平和主義。
 どうも時間のかかりそうなところが最後になってしまう。





2008⁄11⁄20 21:10 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2008 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。