私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








人事


 JREC-INの公募情報(非常勤も含む)で「この人出て行くんだろうなぁ」と思っていたら、やっぱり色々と異動やら就職やらがあるみたい。
 分野が分野なだけにここ数年あちこち異動しまくりで、ほんとに誰がどこにいるのか分からないって状態。
 時代が時代だから「就職できればいい」ってことでもなさそう(分野として就職という点だけをみれば恵まれてるんだろうけど)。努力次第では片付かないような労働環境もあるだろうし。
 
 いずれにしても次の研究会とかで色々と情報が入るのかな。

 


スポンサーサイト



2009⁄02⁄22 16:57 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Adobe Acrobatで資料を読む


 資料を読むときはほぼLOOX P・Adobe Acrobatで。

 Adobe Acrobatで資料を読むときに少々面倒と感じたのが「注の参照」。
 ページをあっちゃこっちゃ移動させるのは手間を感じる。
 で、ふと気付いたけど、画面を分割して、片方を注の頁に移行させておけばよいかと。
 ときおり複数ページを同時参照するときに使ってたけど、注で固定すればいいじゃん・・・ってことで。
 どっさり資料を取り込んだ後にしおりを挿入する作業なんて現実的じゃないし。

 電子ペーパーの発展がめざましいようで、スマートな端末を期待するばかり。
 amazon・Kindleの成功例はうらやましいけどデータが限定されるのがなぁ。デザインがかっこわるいし。
 明らかにリブリエの方が端末としても機能としてもいいんだけどね。難しいもんですね。
 
 





2009⁄02⁄09 16:56 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








責任追及


 職場環境改善(現状維持)活動にて、放漫経営の責任を追及しても「そんな昔の話を今しても・・・」で終了。責任を追及したところで目に見える成果が得られないとしても、その姿勢でやっていったら同じ失敗を繰り返すだけだよ。って、「同じ失敗」を繰り返すチャンスもないんだろうけど。

 攻め手を考えてからいかないと、突然必要のないことを話し出して墓穴を掘る人が出てくるか、と心配。





2009⁄02⁄04 23:55 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ipod touch と 電子辞書


 モバイル用のPCを12.1インチサイズ(Thinkpad)から8.9インチサイズ(LOOXP)にしてから、さらに荷物を軽くしたくなって、電子辞書(最近よくある大きめサイズ)を常備するのはやめた。

 #Thinkpadのキーボードはやっぱり素敵。だけど、LOOXPは、タブレットにできるおかげで、紙媒体に似た感覚で資料を読めて、キーボードの狭さが気にならないくらいに素敵。結果、用途はモバイルに限定されず、部屋でも資料読み用に大活躍。

 さらに、ipod touchの小ささと手軽さに慣れると、やっぱり電子辞書の大きさが目立つ。ipod touchでも大辞林やら広辞苑やら英辞郎やらロワイヤル仏和・和仏やら出ていて、独和・和独が出てくれれば…と思ってたら、iDicというアプリでEPWING形式の辞書データをipod touchで検索できることを発見(今更?)。

 ちょっと手間取ったので備忘録ついでに。なんだか色々と分かってないままうまくいってしまったので後でちゃんと勉強しておかねば。

 (1)iDicをipod本体にインストール(iDicのPreferenceは触らないままでOK)
 (2)iFunBoxを母艦にインストール
 (3)USBケーブルで母艦とipodを接続
 (4)iFunBoxで、ipodの「Photo」フォルダ内に「iDic」フォルダを新規作成
 (5)iFunBoxで、「iDic」内に「辞書名」フォルダを新規作成
 (6)iFunBoxで、EPWING形式の辞書データとcatalogsファイル「辞書名」フォルダに移す
 (7)「iDic」を起動で、多分読み込んでる(はず)


 従来型の電子辞書に比べてとにかく手軽!検索その他の機能面で色々と劣るけど、それはそれとして場面限定で大活躍の予感。ipodの辞書アプリが増えていくことに大いに期待。ipodの大辞林は誰もが絶賛してるけど、確かに納得できるデキ。使いにくいことこの上ない電子辞書版・模範六法2008なんて比べものにならない(ipod用の模範六法はいいのかな…)。というわけで、独和大辞典で、ipod touchの特性を活かした辞書アプリがほしい!





2009⁄02⁄02 19:23 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2009 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。