私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








読みが外れた


 といっても、嬉しい方に。

 センター入試の手続者が予想より上回って推移。

 ひとます、ほっ。


スポンサーサイト



2010⁄02⁄23 11:39 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








うっかり


 往復ハガキの印刷・郵送の業務でうっかりミス。しかも複数。1枚1枚ボールペンで取消線を引いたり、謝罪のメールを関係者に送ったり。致命的なミスではないので問題ないのですが。ちょっと凹みます。

 研究が進んでないことの方が凹みますが。こちらはうっかりじゃありません。そして、このままじゃ致命的になります。むむぅ。





2010⁄02⁄21 01:45 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








会議と飲みとラーメンと


 先日の風邪が随分長引いたこともあって、久々の「ちゃんと」飲み。

 いつもの面子とはちょっと違う構成で。

 そのおかげでまったく気を使わず、あれやこれやと話しまくりました。

 雰囲気が違うことも手伝って、理想的に有意義な話ができて、いい飲み会でした。

 ついでに、ほんとに久々に同期二人でラーメン屋へ。

 飲んだ後のラーメンは、うまい。体に悪いけど、いや、体に悪いから、うまい。

 会議は大変でしたが、解消されました。すっきり。





2010⁄02⁄10 23:43 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








FenrirFSでの注意点


 ファイル名を一括変換すると、タグが消える。

 タグを管理するデータベース内で同一性が保てなくなるから、ということなのでしょうが。

 訳あってファイル名を一括変換して、呆然としております。


 と思ったのですが、もしかして変換ソフトによるのかな?うーん。とほほ。





2010⁄02⁄09 23:17 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








駒村圭吾・山本龍彦・大林啓吾編『アメリカ憲法の群像』(尚学社、2010)


 ちょっと気付くのが遅れて、購入。編者の後ろのお二人は同世代。いやはや、頭が下がります。
 
 「はしがき」(駒村先生)を読むだけで、研究会の熱気と楽しさが伝わってくる。アメリカ憲法はご無沙汰になってしまっているので楽しみである。カバーの奥平先生のコメントもナイス。
 
 「理論家編」ということはこの先も続くんだろう。期待大。

 ドイツの理論家編は『ドイツ法学者事典』からご無沙汰では?せっかくドイツ公法研究者の層も厚いのだから、何かできればいいのに(ひとごと?)。「みんな忙しい」というのが言い訳にすぎないのは、この本が証明しているのかも。

 とはいえ、某研究会が企画連発で大忙しなのは事実かも。





2010⁄02⁄05 04:07 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








法学セミナー662 特集・なぜいま「法教育」か


 高校生向けに授業をやることも少なくなく、そのたびにいかに興味を引きつけるかに悩み、いかに限られた時間でこちらの想いを届けるかに頭を抱える。片思いだとしても。

 このとき、いわゆる「法教育」の教育内容は中高生に向けられているので流用はやめておくにして(ちょっと手を加えれば十分に大学初年度教育に用いることはできると思うが)、法教育の意義・理念に関する議論は参考になる。

 で、法学セミナーの特集。ほとんどの論稿がこれまでの法教育の議論と変わらない中、斎藤一久「法教育における憲法教育と憲法学―憲法学は非常識か?」には大きく共感。「あ~、分かる」という感じ。ただ斎藤先生が書いているのは、「市民の感覚」が「法律家のそれ」と乖離している例である。情けないことに、私が共感してしまったのは「法律家の感覚」と「法学部生のそれ」との乖離。

 こういうとき、法教育に携わるかどうかは別にして、法学部の“法学概論・法学入門・法学”といった科目の重要性を改めて認識する。

 この法学概論的科目では「前半は法学の基礎、後半は法学概論」といった形がよく採られ、勤務校の担当者のシラバスをみても同じ。担当者の話を聞いても「とりあえず、こなす」という印象。
 しかし、前半は、しんどくても法哲学に通じるような基礎(団藤重光『法学の基礎』のような)をやるべきだろうし、後半は、各分野の単なる概観ではなくて「総論」(大村敦志『刑法総論』のような)をやるべきだろうと思う。もちろん初学者に向けた工夫は必要で、それを考えるのは相当苦労するだろうが、とはいえ、学生の質とかレベルといった問題ではなかろう。会議などでゲリラ的に問題提起はするのだけど。それこそ、ゲリラ的に自分の担当科目でやるしかないか。
 





2010⁄02⁄04 23:34 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop








FenrirFS


 FenrirFSを本格導入。公開時試してみたけど、ファイルを移動させる勇気がなく諦めてた。

 で、Ver.1.1になって、エイリアスモード(ファイルの実体は移動せずフォルダ構造は残して、FenrirFS内ではショートカットで操作)が付いたから…と導入してみたものの、考えてみればファイルモード(ファイルごとFenrirFS内に移動してそのまま操作)でも大して問題はなく、PDFフォルダ(50音順を基本にしていた)だけFenrirFS化。

 便利便利!今更ながらタグって素晴らしい。なんでエクスプローラの標準装備にしないんだと思うほど。

 タグ:基本的には分野別・論点別。資料・新聞・(研究会の)メモなども。タグ付け方法は「思いつき派」と、「きっちり派」に別れるそうだけど、法学は比較的きっちり分けやすそう(→タググループ化)。横断的なものは複数タグを貼ればいいだけだし。いまだこれでいいのか?ってタグもあるけど、実は、この「タグ付け」作業自体が実は新しい視点を生む作業になってるように思われます(Evernoteのタグ付け作業も同じだ)。

 タググループ:「人権総論」→「私人間(効力)」・「外国人」…など。これまたグループ化しがたいものあり。これも同じくグループ化作業自体が新しい視点を生みそう。

 コメント:基本的に読了日。これ、非常に助かる。読了と「最終アクセス日時」順とは異なるから。


 といった感じで整理整頓。タグのおかげで一つ読むと関連する論文が目に入るのが嬉しい。

 ただ、なんで「作成日時」の項目がないんだ?最終アクセスだけというのはなぜだ?スマートフォルダを作らねばならぬのか?

 Scansnapで紙媒体をPDF化したときにも随分と埋もれていた論文が生き返ったけど、FenrirFSでタグを付けることで再度よみがえった感じ。

 大学のPCとの同期も、FenrirFS内のフォルダを同期すればいいだけで、今までとほぼ変わらず。

 とにかく便利であります。

 いや、もちろん、あくまで整理術にすぎないので、論文・資料を授業に活かしたり、業績をあげたりしないと意味がありませんがー。

 ちなみに、PDF以外のファイルは「講義」「研究」「学務」「事務」といったフォルダ構造で振り分けて大して問題はないので、そのまま。

 





2010⁄02⁄02 00:00 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop










 ついに降ってきてしまいましたー。ちゃんと降ったのをみたのは今シーズン初(窓からちらっとだけど…[窓]д・)チラッ°。°。°。°)。東京で初雪が降ったときも、職場では降ってなかったし。別の日に職場で積もってたのも、みぞれだったし。

 家の前のほそーい道は日もあたらないので延々凍るんだよなぁ。明日明後日は委員会・会議で出校。こけないように気を付けねば。


 国際書房が民事再生だそうで。うーん。厳しいですなぁ。貢献できてないもんなぁ。





2010⁄02⁄01 20:14 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2010 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。