私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








とりあえず一つ


 なぜか色々と仕事が多いこの夏。ただ、どれも、自分の研究の中心点からはちょっと距離があるのですが。経験値アップとしては大切です。

 で、今日の明け方、ようやく一つ翻訳の仕事が手を離れた。一応〆切前とういことで安心安心。まだ語やら表記の統一は必要っぽいけど。

 あれとこれとそれと…と続く。ありがたいことですが、一つ増えたし(もう〆切は夏じゃないけど)。

 授業・学務もちょっとずつ気になり始める頃。夏期休業はとりわけ足が速い。残りを大切にね!


スポンサーサイト



2010⁄08⁄31 11:24 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop








iPadを購入(して1ヵ月余り)


 今までコツコツ(?)PDF化してきたことが報われた1ヵ月余り。iPadの良さは今更書くまでもないことだろうけど、なによりPDF論文を最大限活かしてくれます。研究・プライベートのどちらでもほぼ毎日触ってます。バッテリー充電サイクルが心配になるほど。

 画面サイズがどうのとか、意外に重いとか、ハード面は全く気になりません。これまでLOOX Pを使ってきたから当然といえば当然なんでしょうが。しかし、起動時間が短いというのがこれほどまでに重要なんだと、そして、薄さというのは大切なんだと、改めて認識。

 もちろんメモリが少ないとか、マルチタスクじゃないとか、そういうことはあれこれありますが、大して気にはなりません。よく使うアプリの細かいところで直して欲しいところが二つ。

 (1)GoodReader:ほぼファイル管理のためだけに利用。読むのはほぼ100%、iAnnotate PDF。
 で、「Find Files」でファイルを検索するわけだけど、検索して出てくるリスト内のファイルを直接別のアプリで開けるように改善してほしいなぁ。
 毎度検索したファイルを一度GoodReaderで開いた直後に閉じて(キャッシュ消去で時間がかかることも)、改めて「Manage Files」の「Open In...」でiAnnotateで開き直すように指示するのは面倒。ファイルが多いので、全ファイルリストから探すのは正直無理でして、検索後に直接操作できると楽なわけです。

 (2)iAnnotate PDF:ハイライト、下線につき日本語対応を是非。

 研究でよく使うのは、GoodReader、iAnnotate PDF、Evernote、MindNode、SugarSync、電子法令検索、アクセス独和、iDic。初期アプリのSafari、メールの使用頻度も、iPod touch時代とは比べものになりませぬ。

 それにしても少々ファイルサイズが大きくなっても「スーパーファイン(@Scansnap)」で取り込んでおいてよかった。今のiPadだと反応が鈍いなぁと感じることもありますが、初号機でここまで反応がよければ、弐号機や国産機は相当期待できるでしょう。って、また買うのか!?

 後期が始まったら、大学の機器に接続させて画像等が映し出せるのか試してみよう。





2010⁄08⁄17 04:40 カテゴリー:PC comment(6) trackback(0)
▲pagetop








夏恒例の演習


 元々履修者が4名しかおらず、報告のための事前指導を正式に受けた唯一の履修者が直前に訳あって欠席の連絡。

 これはまったくもってうまくいかない年じゃないか…と戦々恐々。家から勤務先までは相変わらず小旅行の規模。乗換1回で到着できるのは幸いだけどずっと座っているのは大変辛い。電車の冷房で体が冷えるし。

 で、始めてみればなんとかなりました。卒論執筆予定者もそうでない方もそれなりに。

 卒論執筆予定者が資料収集の段階で苦しむことを改めて認識。そこを知らないままよく今まで進めてきたな…とおかしな感心をしてしまうほど。というわけで、緊急に資料収集講座的なものを1コマ。実際に図書館に行って実践も。報告・討論の時間を割くことにはなったけど、むしろ有意義な時間だったんじゃなかろうか、と。というか、制度として資料収集の方法を訓練する機会がないといかんような気がする。来年度以降の検討課題。

 最終学年になるくらいまで勉強してきても法的な議論ができない学生を、ほんの数日である程度議論できるように訓練するのはなかなか難しい(そこまで進級してるからこそなんだろうけど)。しかし、そういう学生に限って、その訓練のための議論すら聞き入れず、自分の視点でのみモノを考えてしまったりすることが少なくない。内容云々じゃなくて、視点とか論理展開とか思考の枠組とかそういったことを指摘してるんだけど、通じない。自分の視点を相対化してくれればなぁ。自戒の念も込めて。





2010⁄08⁄16 23:36 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2010 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。