私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








念のため


同僚が次から次へとインフルエンザと診断されたと情報が入ったので、念のため近くの小さな病院へ。

熱が下がったこともあって、今のところ陰性。再度発熱したら、インフルエンザかも…とのこと。幸い熱は大丈夫そうだけど、咳が残ってます。

経過観察ってやつですかね。安静にせねばなりませぬ…研究をさぼっているわけではありません。

これから受験シーズンですから、受験生はもちろん、試験担当の先生方も気を付けないとですね。


スポンサーサイト



2011⁄01⁄25 17:22 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








風邪...


研究会に出る前に違和感はあったんだけど...。打ち上げで違和感は増して、ビールは一杯で終了。あとはウーロン茶。

二次会で追い討ち(なぜ行った...)。オープンテラス式で壊滅的に体を冷やしてしまった。夜中にゾクゾク来て、ゲームオーバー。

今日一日中寝てました。熱は下がって、なんとか回復しそう。ただ寝過ぎで体が痛い~。





2011⁄01⁄23 23:55 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Evernote4.2 アップデート


 4.2になってから、クリッピング機能が向上したり、URLに自動的にリンクが貼られたりしたようで。

 ノート入力画面で、漢字変換時分節区切りが見やすくなったのがなによりありがたいけど、もしかしてこれって前のバージョンからそうだったかも。

 いずれにしてもEvernoteのバージョンアップによって―少なくとも自分の使い方に限っては―毎回快適になっているのが助かる。

 ipad用はメジャーバージョンアップがなされるとか。今のところほとんどノートを見直すことでしか使っていないけど。 





2011⁄01⁄22 02:58 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








採点・成績評価完了


 短期決戦で終わらせた。

 「よく頑張ってるなぁ」という答案が多くて嬉しく思います。


 授業は一区切り着いたけど、これから入試の最後の追い込みだ…。





2011⁄01⁄21 23:58 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








N響定演


1月20日(木)@サントリーホール
第1693回定期公演 Bプログラム

ブラームス(ドヴォルザーク編) / ハンガリー舞曲集より 第17,18,19,20,21番
ブラームス / ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブラームス(シェーンベルク編) / ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25
指揮|イオン・マリン

うーぬ。





2011⁄01⁄20 23:00 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ipad対応ペンとしてのキャップレス万年筆


 ipadで手書きメモをしたいという人は、市販の対応ペンに頼ったり(概ね評判があまりよろしくない…)、電動式スポンジで自作したりしてるけど、何気なくPILOTのキャップレス万年筆を当ててみたら反応した。

 ペンであれ指であれipadはある程度の太さがないと反応しないらしい。で、キャップレス万年筆の先(ヘッド部分?)は少し平らになっていてペンを寝かせて書けば平面が画面に当たるようになる。もちろん万年筆のペン先は出さないですよ。

 評判のあまりよろしくない対応ペンを買って試すのも癪だなぁと思っていたので嬉しい驚き。ちょっと反応が鈍かったり、角度次第では反応しなかったりする残念さはあるけども。元々万年筆の持ち方が「寝かせ型」なのでそれほど違和感なく書けたりする。

 といっても、ペンの本体を傷つけることにもなりそうなので(ipadの方は傷つかないし、傷ついても気にならないけど)、緊急避難的にしか使えない。なんて、実のところ手書きメモをしたいと思っていないので個人的には必要なかったりなんかもする。

 学生時代にお金がなくて悩みながら思い切って買ったキャップレス万年筆。ペン好き仲間に「持ちにくい」と不評だったりするけれど、集中力が切れて過ぎる雑念を手近なメモに書き付けて追い払うときに活躍中。要するに机上のメモ書き用なのですが。機動力が素晴らしい。

 





2011⁄01⁄17 04:24 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








反応があった~!


 Facebookでメッセージを送った友人の一人から反応が!

 早速「友達」に。嬉しい限りです。大興奮です。

 なんて思っていたら、ご一緒にお仕事をした方からリクエストを頂きました。

 嬉しい驚きで、もちろん承認をクリック。

 写真なしではご本人か分からないので、名前で検索してヒットしても簡単には友達リクエストはできませぬ。





2011⁄01⁄16 02:16 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Facebook


 今更ながら…ではございますが…。

 留学(ほぼ遊学)時代の最大の後悔が(研究とは関係ない)海外の友人と連絡が途切れてしまったこと。

 どうにかならんかなぁとずっと思っていたけれど、そういえば…とFacebookで検索。

 ものの見事ヒット。彼の「友達」に留学時代の日本人の知り合いが含まれていたので本人であることもほぼ確実。

 というわけで、メッセージを送信しておきました。反応があることを祈りつつ。


 映画「The Social Network」を観に行くかどうかは別にして、今更ながらFacebookに感動。

 

 





2011⁄01⁄14 02:55 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








法学セミナー2011/02


法学セミナーの特集のメンバーに組み込んで頂きました。

法セミ2011/02表紙


特集1
憲法訴訟の潮流を読む

内容紹介

近時、憲法訴訟(論)を取り巻く環境の変化が著しい。社会のグローバル化、政権交代、脱イデオロギー化、司法制度改革等々の諸事情が思い浮かぶが、実態はどうか。憲法訴訟の潮流を知る、意欲的な特集。

目次

●特集=憲法訴訟の潮流を読む

 憲法訴訟の今を知る……宍戸常寿
 国際人権法と最高裁のスタンス……齊藤正彰
 論証作法としての三段階審査……三宅雄彦
 憲法訴訟における裁判官による法創造……武市周作
 合憲性審査基準をめぐって……吉田仁美
 表現の自由の現在……曽我部真裕
 経済的自由と規制目的二分論……二本柳高信
 違憲審査における確認訴訟の意義……興津征雄
 最高裁判所裁判官人事のこれまでとこれから……見平 典





2011⁄01⁄13 23:43 カテゴリー:研究(会) comment(0) trackback(0)
▲pagetop








あけましておめでとうございます。


 今年もよろしくお願い申し上げます。


 今年は久々に(だったと思うけれど…)帰省した年末年始。

 帰省すれば太るというのはむしろ当然で、自分の体の成長具合に驚くばかり。

 さすがに運動せねば。





2011⁄01⁄05 14:56 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2011 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。