私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








書籍:宍戸常寿『憲法 解釈論の応用と展開』(日本評論社、2011)


 東京大学の宍戸先生から『憲法 解釈論の応用と展開』(日本評論社、2011年)を頂きました。大変嬉しく、感激至極です。この場を借りてお礼申し上げます。

憲法 解釈論の応用と展開 (法セミ LAW CLASS シリーズ )憲法 解釈論の応用と展開 (法セミ LAW CLASS シリーズ )
(2011/02/18)
宍戸 常寿

商品詳細を見る


 ついに学生さんから大好評・研究者も大注目のあの連載が単行本化ですね。近々単行本化されると伺っていたので待ち遠しく思っていました。

 少なからぬ人が法セミの連載を確認されていることと思いますが、「初出後の判例・学説の展開をフォローする、『補遺』を加えるなどして、記述の充実を図」られています(はしがき 頁)。

 演習書として爆発的な人気を誇ることになることは確実ですし、「私の独自説の類は必要最小限に抑えたつもりですが、判例・学説の整理の仕方や具体的帰結の導き方、力点の置き方などには、自ずと私の見方が反映されているとも思います」(はしがき 頁)とありますが、本書に表れている宍戸先生の視点が学界に与える影響も大きなものになる(すでになっている)でしょう。


スポンサーサイト



2011⁄02⁄22 23:55 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








マニフレックスの「バイオシェイプまくら」


 睡眠の質向上計画の一環として枕を新調。

 近くのLOFTでmagniflex社のバイオシェイプまくら(レギュラータイプ)を購入。

 

 一日二日で分かるものじゃぁないでしょうがよい感じ。

 睡眠の質を研究の質の言い訳にしないようにね>ワタクシ





2011⁄02⁄21 23:59 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








銀のエンゼル


 大手電機量販店でチョコボールを買った。

 夜中空腹になったので空けてみると・・・

銀のエンゼル

 なんと銀のエンゼルが!

 昔より当たる確立は高くなったのか?

 研究の進捗状況と対照的に、ほっこりとした事件でした。

 そして、チョコボール、美味い(ピーナッツね)。





2011⁄02⁄20 23:58 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








N響定演


2月17日(木)サントリーホール 第1696回定期公演Bプロ

PROGRAM
ペルト / ベンジャミン・ブリテンへの追悼歌
ドルマン / フローズン・イン・タイム(2007)[日本初演]
ショスタコーヴィチ / 交響曲 第15番 イ長調 作品141

指揮|ジョナサン・ノット
パーカッション|マルティン・グルービンガー


グルービンガー氏の技に拍手喝采。

アンコールの際に本人も言っていましたが、まさにスポーツ。

人間業ではないとはこのことですね。

グルービンガー氏がはけるときのN響・打楽器奏者さんたちの笑顔が印象的でした。





2011⁄02⁄18 18:28 カテゴリー:趣味 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








iPhone Explorer


 自炊ファイルを大量に転送するとき、iTunesよりiPhone Explorer(Ver.2.1)がオススメ。

 iTunesでは100程度でも「メモリ不足」でフリーズするが、iPhone Explorerでは問題なし。

 タスクマネージャーで確認しても、iTunesのメモリ消費量は驚き。転送後も上がりっぱなしだし。

 他方、iPhone Explorerがフリーズすることはまだない(自炊ファイルの転送くらいしかしないけど)。

 ときおりiPadのフォルダがないよ、と言い張ったりするけど、それも基本的には再起動で解決。


 (1)iPadとUSB接続した後、iPhone Explorerを起動。

 (2)フォルダ[Apps]内から転送先アプリ(フォルダ)を探し出して、転送させたいファイルをD&DするだけでOK。

 (3)転送開始後数秒反応がなく一瞬心配になるが、その後はスイスイ転送してくれる。


 iPhone Explorerを使うとシステムファイルやらも移動・削除できてしまいそうなので要注意。

 一旦大量転送をしてしまえば、その後の差分・増分ファイルについては、日々の同期を兼ねてiTunes転送でよさげ。





2011⁄02⁄14 00:00 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ファイル管理


 自炊の機会が増えれば増えるほど、取り込んだファイルの管理は重要さを増す。

 これまで基本的にFenrirFS一本で、ラベルとスマートフォルダで分類してきた。

 しかし、iPadで論文を読む機会が急増した(というか自炊したものはほぼiPadだけで論文を読んでる)今、ファイル管理もFenrirFS標準ではうまくいかなくなりがち。

 というわけで、「FenrirFSを母艦にして、すべての自炊ファイルをFenrirFS内[files]フォルダに統合する」という方針は変えないものの、一定のファイルに分類のための接頭部をつけることに決定。

 フォルダ分けに近いので、ある意味FenrirFSの利点を損なっているようにもみえるけど、FenrirFSの整わない環境ではファイル名で分類しておくのが結局便利。

 この接頭部づけに細かいルールを設定したり、分類に悩んで時間をかけるなんて本末転倒なので極めて簡潔に。それこそ一旦つけておけば後からはリネームソフトで簡単に変えられる。

 これまでも授業ファイルや学務・事務ファイルなどにも原則として接頭部をつけるようにしていたので、違和感なくスムーズに終了。

 これまでiPadに流し込んできたファイルも一旦削除して全部転送し直し。後はPCとiPadにお任せ。(ただ、遅いことこの上ない)

 ついでに、Evernoteの本格利用に併せて、今まで自炊ファイルと同様にFenrirFSに統合してきた“研究会での手書メモや配布レジュメ・資料”をEvernoteに移動。読書メモなどのメモに統合する方が都合がよさげなので。


 覚書ついでに。なんというか、やらねばならぬことがあるときに掃除がしたくなるのと似た心境かと。





2011⁄02⁄13 05:49 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Goodreader Ver.3.3.0


 リモートサーバのフォルダ同期ができるようになって便利!・・・なはず。

 この同期機能、DropboxにもSugarsyncにも対応していてなんとも嬉しい。



 [Connect to Servers]からアカウント・パスなどを入力してサービスに接続。

 サーバ内の同期したいフォルダ(ファイル)を選択して、その画面下端にある[Sync]をタップ。

 [Download here & Synchronize]と出るのでタップ。

 [Web Downloads]内の[Remote Sync]に進行バーが表示されて同期開始。

 一旦同期後は[Sync]をタップすればいい(はず)。



 「はず」と書いたとおり、ファイル数が多すぎたのか、同期失敗になったため便利さをまだ享受してない。

 PCでもダウンロードに数日かかる場合があるくらいなのでそれほどショックではないけれど、同期開始後に結構な時間を経過してから同期失敗になるので再挑戦する気になれず。

 また時間のあるときにでも。





2011⁄02⁄12 23:55 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








Dropbox有料版


結局、Dropboxを有料版に。

Sugarsyncは大学PC(ネットワーク)と極めて相性が悪いのと、ファイル検索ができないという致命傷で耐えられなくなった次第。

Dropboxも遅いとか言われてるけど、経験上Sugarsyncと体感スピードは変わらない。

これでUSB経由の母艦PC→iPad転送をやめるというわけではないけど、作業を忘れたり時間がなくてできなかったときにも手当可能に。

また別のサービスを導入する可能性もあるだろうけど、それはそれとして。

とりあえずは落ち着きました。





2011⁄02⁄06 04:05 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ぽんかん


 親戚からぽんかんがたくさん送られてきました。

 地元でも人気の品のようで嬉しい限りです。

 箱に入れたままだと腐りやすいので、リビングに平置き。

 なかなか壮観です。が、実はもう2箱分あって、これ以上は平置き不能。

 食べまくりの日々でございます。

平置きぽんかん






2011⁄02⁄05 23:03 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








書籍:三宅雄彦『憲法学の倫理的転回』(信山社、2010年)


 このような力強い憲法理論研究者が、ー恐れ多いですが―同世代にいらっしゃることに驚嘆し、しかも身近にいらっしゃることに感謝します。そして、このような幹の太い研究書が出版されるということは実に素敵なことと心底思います。…が、同時に、自分の研究不足を大いに嘆かされます、はい。

 
憲法学の倫理的転回 (学術選書49)憲法学の倫理的転回 (学術選書49)
三宅 雄彦

信山社 2011-01-27
売り上げランキング : 569641

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
 あとがきから「本書の主張」を引用し紹介させて頂こうかと思ったのですが、分量が多くなってご迷惑をおかけすることになりそうで控えました。





2011⁄02⁄02 23:55 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








今更ながらDropboxか、Sugarsyncか…


 自炊データのipad転送について悩み中。

【環境】
(1)Sugarsync=有料版
(2)Dropbox=無料版
(3)自炊データはすべてFenrirFSで管理
 (一つのフォルダに投げ入れ+タグで分類)
 (ちなみに自炊以外も含めてPDFデータは2,000程度)
(4)FenrirFSフォルダはSugarsyncで同期指定済み

【現状】
(1)自炊
(2)USBケーブルをipadに接続
 ⇒(同期待ち)
 ⇒ iTunes経由でGoodReaderに転送
(3)FenrirFSのfilesフォルダに移動(Sugarsyncで同期フォルダに指定済み)
 ⇒ 自動的に同期
(*)手書きメモのPDFデータはEvernoteに自動保存


【解決策A】
・ipadへのiTunes経由での転送は諦めて、Sugarsyncで必要なファイルをDLする。
 ⇒ なぜかSugarsyncはファイルの検索ができないので個別のDLはあまりに厄介。


【解決策B】
(1)Sugarsync=年間支払なので放置(バックアップのみ利用)
(2)Dropboxを有料化
(3)自炊データは相変わらずFenrirFSで管理
(4)FenrirFSフォルダをDropboxで同期

 諦めるのは(有料化へのお金と)オフライン時のファイル操作。

 オフラインでのファイル操作を優先するならやっぱり現状のままなんだろなぁ。





2011⁄02⁄01 23:55 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2011 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。