私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








市民講座 


 11月なので随分先だけど、場所も分からず市民講座を引き受けたら、自宅から―途中特急を使ったりしつつ―2時間かかるところだった…。

 大学生以外の講義や講座を担当すること自体は社会的役割として重要だと思ってるけんども、あまりに遠いのでおののいた。


スポンサーサイト



2011⁄03⁄31 02:24 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








MEDIAS ハードケース(iBUFFALO)


 MEDIASのケース「BSMPN04C01SV iBUFFALO MEDIAS N-04C ポリカーボネート製ハードケース」が届いた。震災の影響もあったようで納品が結構遅れた。色はシルバー。ホワイトも捨てがたかったけど。

 パッケージはこんな感じ。あ、保護フィルムも付いてます。むぅ。

パッケージ

 発注した後に「塗装が酷くて返品したいくらいだ!オススメなどできない!」という感想を目にしたので大いに心配していたが、塗装が粗かったのは裏面。表面はまったく問題なし。

 問題の裏面はこんな感じ。

裏面

 ちょっと分かりにくいけど、色が均一になっていないのは、ライトのせいだけではない。塗装されていない本体の色がみえてしまっているのです。触ってみてもざらざら。確かに「もうちょっと塗装しようよ…」と思えるほど。ただ、実際にはめると、ボディにぴったりで、上下左右に遊びも出ず、このざらつきがボディを傷つけるようなことはない(と思う)。
 ケース裏面の脇にある爪を、MEDIAS本体の溝に嵌め込んで装着。この溝は、初めからカバーを取り付けるように付けられているの?

 装着したらこんな感じ。

装着

 触り心地はつるつるのぺたぺた。スーツのポケットに滑り込ませるのにシリコン製やラバー加工のような引っかかりはなく、それでいて手に吸着する感じがあってかなり持ちやすくなる。ケース自体極薄ということはないけども、その厚みのおかげでボディ左右の出っ張り具合が軽減され、持ちづらさが大幅に解消。
 本体に厚みが出ちゃったら極薄MEDIASの意味ないじゃん…というご批判はごもっともだけど、他のスマホであってもカバーを付けるならそちらは更に分厚くなるわけで…。
 ただし、他社製品にあるように全体を覆うカバーと違って、上下を覆っていないので、角などを傷つける可能性は残る。個人的にはそこまで覆う必要はないような気がする。少なくとも机の上に置いたとき、MEDIASのスマートな印象は損なわれないのがよい。むしろ、それが重要。

 あと、MEDIASの電池カバーって外れやすくないですか?(一回落としたからかな…) このケースを付けることによって、飲み屋で電池カバーを落としてしまうなんて失敗からは免れる(最近の実話)。そんなレアケースは別にして、電源コネクタを引っこ抜くときに本体を固定すべく強めに握ってしまい、カバーを外してしまうようなことがなくなってよい。

 最後に、カバーを付けても問題なくFeliCaは反応してくれました。当たり前なんですが。少し心配だったのです。

 裏面塗装の粗さに目を瞑れば、カバーはこれでいいんじゃないかなぁ。今のところ選択肢も多くないし(夏モデル販売まで増えないかも?)。



 今日は会議もあったので朝から晩まで(9時~23時)外にいたが、電池はなんとか一日もってくれた。使用時間・回数が増えたら途中充電が必要になるなぁ。





2011⁄03⁄26 01:48 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








散乱


 やっぱり研究室の本がえらいことになっていた。といってもこの程度だけど。

散乱
 
 お隣の先生はもっとひどかったようで、書棚の置き方次第で大きく被害が異なったようだ。

 この際色んな書類を処分しようと思ったら、ちょっと前にやってた。

 とにかくパソコン関連がすべて無事で助かった。

 





2011⁄03⁄25 13:12 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








MEDIASをちょっと触って


【本体】
 この薄さは素晴らしい。ただ薄いからこそ本体左右に出っ張ったフレームが強調され、持ちづらく手のひら全体でしっかりとホールドしなければならない。この持ちづらさはカバーやケースを付けることで改善されそうだが、必然薄さは諦めることに。場合によっては外すかもしれないが、一応ケースを注文した(こんな事態なので届くのは遅れるよとメールが来ていた)。ラバー加工やシリコンケースのカバーは―スーツの胸ポケットにスルッと入る機動性を殺ぐので―苦手。ポリーカーボネート製のものを選んだ・・・でも滑ったら意味ないよね。(iPadでは純正ラバーカバーを使っているが、鞄からの出し入れの際に引っかかってちょっと…)

【ボタン】
 縦に長く、ホームボタン等が下の端に配置されており、押下にそれなりに力が要るため、手の小さな人が片手で持って親指で押すのは辛いかもしれない。iPhoneの安定感を改めて実感する。電車で立ったまま片手で扱って落とすのはちょっと痛い。ストラップの購入を検討してもよいかも。ただ金具が付いているストラップは傷をつけるのでちょっと。金具のないストラップは少ないし。

【OSの動作】
 反応は良好。何をもって「サクサク」「もっさり」というのか分からないが、個人的な感覚としてもっさりしているという印象はない(OSをバージョンアップしたiPod touchの反応に比べたら格段に快適)。
 ただときおりシステムの一部が動かない旨画面に出るのが不安。アプリの相性とかもありそうだし、ちゃんと勉強せねばなるまい。

【電池】
 電池の減りは当然速い。もともと(こんなときに)機種変更をしようと思ったのが、これまでの携帯の電源が(それこそこんなときに)不安定だったからなので、この点は諦め半分。まだ購入直後で色々試しているのも影響しているだろうし。他方で、SIMカードを挿せば旧機で使えるので、通話機能のみに特化したい場合には旧機を出せばよいし、さらにspモードとiモードの併用サービスのおかげでいざとなったら旧機でiモードを使うこともできる(旧機を常備するわけにはいかないから緊急事態に対応できるかどうかは別問題だろうけど。さらに私の旧機のバッテリーは不安定だけど…)。これってスマホ系を使うのが初めてで機種変更を悩んでいる人にとっては安心材料になるんじゃなかろうか。

【アプリその他】
 アプリや設定などはAndroidとインストールするアプリによるのだろうから機種固有の特徴はないのだろう(と理解してます)。アプリ一般については―環境で異なるだろうから一概に比較できないのは分かりつつ―iPod touchやiPadに比べて不安定なのが多いような気がする。ただ、これについては更新に期待すればよろし。

 docomoのアプリ「spモードメール」が不安定なのは大いに辛い。

 ATOK入力がデフォルトで選択できるのは大変ありがたい。ただし設定は自分に合わせなければ戸惑うはず。とくにトグル入力は「早い」をデフォルトにして良いように思うのだが。

 ドイツ語アプリが(ほぼ)クラウン辞典のみでクチコミ評価が得られず、価格も6,000円と高すぎて購入を躊躇っている。

 電話帳には大いに手こずった。AndroidだけあってGmailとの連携が基本。メールだけの同期もできるが、連作先の同期も可。というか、それがミソなんだろうと思われる。とりわけGmailユーザーにとっては重要だろう。しかしGmailの連絡先と同期をすると、これまでの携帯電話の電話帳と併存してしまい、ごちゃごちゃになる(のが多分普通のはず)。これまでの携帯の電話帳のみに割り切るのであれば、Gmailとの同期をしなければ問題なし。ただGmailを活用しないのでは、Androidスマホの魅力が大いに落ちてしまう。以前よりGmailの連絡先を整理せねば…と思っていたこともあったので、悩んだ挙げ句思い切ってGmailに連絡先を一本化。初めからやっておけばよかったと思うほど快適。電話帳アプリを色々試せば解決されるのかもしれないけど、この手のものは試行が結構面倒なので、これでOK。




 ヤマダ電機(23区・計画停電対象外)も節電のため光量を減らしたり店内BGMを消したりしていた。それでも「開店すること自体が叩かれているんですよ」と店員がこぼしていた。少なくとも訪問時には家電製品を見ている人はまばらで開店休業状態だったが、携帯電話コーナーはしっかり混んでいた(そういえば、電池とかカセットコンロの問い合わせをしている人にも何度か遭遇した。“もちろん”どれも品切れ)。元々この時期に機種変更を考えていた人もいたろうし、震災を目の当たりにしてワンセグなし・エリアメール非対応機種などからの変更を求めた人もいたんじゃなかろうか、などと思った。こんな事態でもみんな仕事はあるわけで、業務終了後に店舗が開いているのは助かるだろうし。翌日別件でdocomoショップを訪れたが、こちらもそれなりに混雑していたような気がする。





2011⁄03⁄21 21:18 カテゴリー:PC comment(0) trackback(0)
▲pagetop








ヤマダ電機にて


 ヤマダ電機は最寄りの大型電気店ということもあって、よくお世話になっている。

 先日から携帯電話の電源がふわっと落ちる不具合に見舞われていたので思い切って機種変更をしに行った。

 訪れる度にちまちまとポイントを頂いていたが、いつも50ポイント。メール配信登録もしていないし、そんなもんだろう、と。

 いつも通り50ポイントを頂きに、ポイントマシーンに携帯電話を置いたら・・・

 なんと1000ポイントゲット

 思わずぬぉっと声が出てしまった。ヤマダ歴は長いけど、こんなに頂いたのは初めて。

 もちろん、ポイントをもらうだけでなくて、色々買ってます。


 ちなみに選んだ機種はMEDIAS。夏モデル・防水タイプ待ちの声も少なくない中あえて。iPod touchに慣れた身としては、まだまだ使いづらい。あと薄すぎる。

 しかし、ガラケーは高い。。。





2011⁄03⁄19 23:55 カテゴリー:雑記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








有事の対応


 被災者の方にはお見舞い申し上げます。

 勤務先の対応があまりにお粗末で、悲しくて仕方ありません。

 組織の一人として声を上げて体制を変えていかねばですね。





2011⁄03⁄14 12:47 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2011 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。