私立大学法学部准教授の講義・研究・趣味の日誌
プロフィール

Shu.com

Author:Shu.com
私立大学准教授30代。
専門は、憲法。
万年筆。革製品。アニメ。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


▲pagetop

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


ブログ内検索


RSSフィード


リンク





▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








MEDIASハードケースその2(RASTA BANANA)


 先日レビューしたiBUFFALOのハードケースに加えてもう一品購入。先に届いた方も随分遅れたが、こっちの方がさらに遅れて到着。震災の影響とのことだけど、MEDIASやXperia arcも出たし、携帯機種変更の時期だし、関連グッズの注文が殺到したというのも一因では?

 商品名は、RASTA BANANA docomo MEDIAS(N-04C)専用ケース ハードカバー CL C005MEDIAS。

 ソフトカバーも人気のようだけど、先日も書いたとおり、ポケットや鞄に滑り込ませたいのでハードカバーに。

ラスタバナナパッケージ

 またアンチグレアの保護フィルムが入ってる。試したいけど先に貼ったものを剥がすのもなぁ。

 本体はこちら。

ラスタバナナ本体

 色の選択肢が多く迷いどころ。クリアを選択。透明感が特に高いというわけでもなく、ふつうのポリカーボネート樹脂。iPhoneケースにありがちな“こだわりの透明感!”みたいなのとはちょっと違う。

 サイド・上下を覆う形状で、MEDIAS本体を押し込むとスポッと入り込む。まったく遊びはない。防御力は高そう(落としたときにiBUFFALOの背面カバーが吹っ飛ぶ経験をした後なので安心感は倍増)。遊びがなさ過ぎて、外すのにちょっとコツがいる。頻繁に電池を交換したり、SDカードを取り出そうとすると厄介かも。ボリュームボタン周りか、カメラ部分に指を突っ込んで本体を押し出すのが楽かな。

 評判通り、ボリュームボタンは押しにくい。こんな感じなのでやむをえまい。電話に出るとき耳に当てながら調整したいことが少なくないので困るかな。これとは別に、電源ボタンの位置が手探りで分かるのは意外な利点かも。

ボリュームボタンアップ

 結構厚みがある。強調すべくアップ画像を。MEDIASが一回り大きくなっていることをお分かり頂けると思う。サイズは大きくなるけど、(手が小さくない人にとっては)持ちやすさはむしろ向上する。ただ、このサイズアップについては評価が分かれそう。

 厚みアップ

 クリアケースなので、本体のデザインは「比較的」損なわれないが、どうにもこうにも野暮ったさが出るのは否定できない。いかにも「保護してます!」という感じが出てしまう。この点、当たり前だが、iBUFFALOカバーにはかなわない。

 ラスタバナナ表面

 特に裏面のスマートさが殺がれているのを感じる(画像ではそうでもないけど)。ただし、別の色ならば野暮ったさは軽減されるかもしれない。反対に強調されるかもしれないけど。

 ラスタバナナ裏面


 「デザインのiBUFFALO、安心感のRASTA BANANA」という感じかなぁ。





2011⁄04⁄04 20:01 カテゴリー:大学 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |



Copyright © 2018 法学部准教授の日誌. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。